ユルゲン・ゲオルク・フォン・ブライトナー

軍靴のバルツァー(漫画)の登場人物。

  • ユルゲン・ゲオルク・フォン・ブライトナー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
軍靴のバルツァー(漫画)
正式名称
ユルゲン・ゲオルク・フォン・ブライトナー

総合スレッド

ユルゲン・ゲオルク・フォン・ブライトナー(軍靴のバルツァー)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

バーゼルラント邦国王立士官学校の生徒で、騎兵科の3年兵。実直で正義感が強く、騎兵科学生の人望は篤い。シュトルンツ鉄鋼暴動事件の鎮圧で、ベルント・バルツァーの指揮の元初めて実践に赴き、その後バーゼルラント義勇軍に加わり第二次ノルデントラーデ戦争に参戦する。

騎兵科の同期・ヘルムート・マルクス・フォン・バッベルとは幼馴染で、女性であることを知っており、彼女の心がベルント・バルツァーに傾きつつあることに気を揉んでいる。

登場人物・キャラクター

バーゼルラント邦国王立士官学校の生徒で、騎兵科の3年兵。貴族の出で、王室から領地を接収されることを防ぐため「男子」として領地と爵位を相続し、「特例」として入学した。強い正義感を持ち、その使命感から人一...
ヴァイセン王国の陸軍特務少佐。指揮官・一戦闘員として優れた能力を持つ軍人。さらに論文を現す程の幅広い軍事の知識を持っている。普段は気さくだが非常時に人格を切り離して理に従うことができ、上官をして「軍国...

登場作品

19世紀後半、「銃口から政権が、砲口から国家が生まれる時代」である帝国主義全盛期のヨーロッパに存在する軍事国家、ヴァイセン王国。陸軍で軍功を上げたベルント・バルツァーは、同盟国であるバーゼルラント邦国...