ユートピア

ユートピア

UTOPIA 最後の世界大戦(漫画)の舞台となる世界。

登場作品
UTOPIA 最後の世界大戦(漫画)
正式名称
ユートピア
関連商品
Amazon 楽天

概要

氷素爆弾によって一度は人類が壊滅的となってから100年後、積み重ねた努力によって機械文明の発達した都市が作り上げられている。科学技術の進歩によって人間の寿命は200歳となり、人口は約470億人に到達。また、「引力遮断膜」によって高所から落ちてもケガひとつしない技術なども開発されている。

しかし、無駄なものは切り捨てられる傾向にあり、芸術は衰退し、食料も味より栄養が重視される。そして人間も役に立たない者は切り捨てられ、ロボットに置き換えが進んでいるため、これ以上人口が増えることは無い。

登場作品

UTOPIA 最後の世界大戦

藤子不二雄にとって、初の単行本となった作品。発表当時は足塚不二雄名義になっている。当時の子供向け作品としてはやや難解な内容であったが、手塚治虫の紹介で単行本化された。その経緯については藤子不二雄Ⓐの『... 関連ページ:UTOPIA 最後の世界大戦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
UTOPIA 最後の世界大戦
logo