ヨハン・イビラヒム・レビル

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物。別称、レビル将軍。ドズル・ザビとはライバル関係。

  • ヨハン・イビラヒム・レビル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
ヨハン・イビラヒム・レビル
ふりがな
よはんいびらひむれびる
別称
レビル将軍

総合スレッド

ヨハン・イビラヒム・レビル(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

ルウム海戦時は地球連邦軍の主力レビル艦隊司令官。階級は大将。この戦いではジオン軍ドズル・ザビ中将の陽動作戦に惑わされた結果、艦艇の80%を沈められ艦隊は壊滅。レビル将軍はジオン軍の捕虜となった。その後、デギン・ザビ公王の温情でジオン公国を脱出。

だがデギン公王の思惑を裏切り「ジオンに兵なし!」との著名な演説を行うことで、ジオン公国との和平に動いていた地球連邦軍に戦争の継続を促した。この後、レビル将軍は地球連邦軍総司令官に就任した。レビル将軍は一貫してホワイトベース擁護の立場を貫き、彼らをニュータイプ部隊の可能性ありと考え、オデッサの戦い以降の主要な戦局で重要な役割を負わせ起用し続けた。

レビル将軍自身にもニュータイプの素質が見られ、戦いの随所で予感めいた言葉を口にしている。決戦の場を宇宙に移行させた後、重要拠点ソロモンを奪取したが、その後ア・バオア・クー攻略を目前にして、ギレン・ザビ総帥の指示で放たれたソーラ・レイの餌食となり戦死した。

登場人物・キャラクター

ジオン宇宙攻撃軍総司令官。階級は中将。デギン・ソド・ザビ公王の三男。身長210センチの巨漢。妻はゼナ・ザビ。娘はミネバ・ザビ。顔に複数の傷があるが、これは次兄サスロ・ザビが爆殺された際、同じ車に乗って...

関連キーワード

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する国家。地球からもっとも遠いスペースコロニー・サイド3を中心とする宇宙国家。その前身はムンゾ自治共和国でジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンが国家...

登場作品

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦...