ヨハン・ネポムク・サルヴァトール

天上の愛 地上の恋(漫画)の登場人物。別称、ヨハン。

  • ヨハン・ネポムク・サルヴァトール
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の愛 地上の恋(漫画)
正式名称
ヨハン・ネポムク・サルヴァトール
フリガナ
ヨハンネポムクサルヴァトール
別称
ヨハン
別称
サルバトール大公

総合スレッド

ヨハン・ネポムク・サルヴァトール(天上の愛 地上の恋)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

黒い長髪の青年。ハプスブルク家の一族・トスカーナ大公・レオポルド2世の末子として生まれ、家族と共にオーストリアに亡命した。ハプスブルク家一の問題児と言われ、粗野な言動や振る舞いが目立つが、オーストリア皇太子となるルドルフ (ルドルフ=フランツ=カール=ヨーゼフ=フォン=オーストリア)のために一身を捧げる事を決意している。

彼の意図を察し、危険な役割も進んで買って出る。ルドルフアルフレート(アルフレート=フェリックス)の強い絆を理解しつつも、行き違いから一時アルフレートに対して敵意を持つ。ウィーン王立オペラ座の舞姫・ミリ(ルーミトラ・シュトゥーベル)と付き合っている。

歴史上の実在の人物、ジョヴァンニ・ネポムチェノ・サルヴァトーレ・マリーア・ジュゼッぺ・ジョヴァンニ・フェルディナンド・バルダッサーレ・ロドヴィーコ・カール・ゼノビウス・アントニンがモデルと思われる。

登場作品

19世紀も半ばを過ぎたヨーロッパ。中欧諸国を支配するオーストリアのハプスブルク家。その皇太子ルドルフ (ルドルフ=フランツ=カール=ヨーゼフ=フォン=オーストリア)は9歳の時、3歳年上の孤児アルフレー...