• 百舌谷さん逆上する (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害

ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害

ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害

百舌谷さん逆上する(漫画)、発生は20万人に一人とも言われる奇病。読みは「よーぜふつんでれはかせがたそうきょくせいぱーそなりてぃしょうがい」。

登場作品
百舌谷さん逆上する(漫画)
正式名称
ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害
ふりがな
よーぜふつんでれはかせがたそうきょくせいぱーそなりてぃしょうがい
関連商品
Amazon 楽天

概要

通称は「ツンデレ」。誰かと仲良くしたい、好きだと思ったときに攻撃的な言動や行動を取ってしまい、しかも自身ではそれを抑えられないという症状が発生する。重度の患者では愛しているが故に我が子に暴力を振るってしまい、本人も自責の念で鬱状態になってしまうこともあるため大きな問題となっている。 この病名を命名したのは、作者篠房六郎の大学時代の先輩であるSF作家・伊藤計劃。

登場作品

百舌谷さん逆上する

小学生・百舌谷小音は優れた容姿と才能を持ちながら、好きならば好きなほど対象に対しひどい暴力を振るったり暴言を吐いてしまうという障害、ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害を持って生まれてきた... 関連ページ:百舌谷さん逆上する

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo