ライチハ収容所

ライチハ収容所

氷の掌 シベリア抑留記(漫画)、約8000人が収容されていた大きな収容所。

登場作品
氷の掌 シベリア抑留記(漫画)
正式名称
ライチハ収容所
ふりがな
らいちはしゅうようじょ
関連商品
Amazon 楽天

概要

キヴダ収容所と違い、建物が立派で、食事面・衛生面も、格段に充実していた。炭鉱場であったが、土木作業や丸太の運搬・切り出しなどの業務も存在した。ここの捕虜達のうち、共産党員へと染め上げるのに有望と目された者は、ハバロフスクへと連れて行かれ、教育を施して収容所に戻されていた。

ライチハの正式な名前は、ライチヒンスク。キヴダ収容所より東側に位地し、アムール川から比較的近い位置にある。

登場作品

氷の掌 シベリア抑留記

第二次世界大戦終了後、ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留を受けた小澤昌一。学徒出陣し、まだ年若かった彼が、シベリアの地で味わった、恐怖と絶望、人間の善性・業などが描かれた体験記。小澤昌一の娘、おざわまり... 関連ページ:氷の掌 シベリア抑留記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
氷の掌 シベリア抑留記
logo