ラウール・ド・シャルトル

ラウール・ド・シャルトル

シャルトル公爵の愉しみ(漫画)の登場人物。アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトルとは親族関係にある。

登場作品
シャルトル公爵の愉しみ(漫画)
正式名称
ラウール・ド・シャルトル
関連商品
Amazon 楽天

概要

アンリ・ド・シャルトルの父親。何十代と続く由緒あるフランスの大貴族シャルトル公爵家の当主。多岐に事業を展開する大資本家でもある。息子のアンリによれば、実業家としての能力はあまり高くないとのことだが、誠実な人柄ゆえ人望は高い。いとこで幼馴染のヴィスタリアと、彼女が基本的にレズビアンであることを理解した上で結婚。

ラウール自身も潔癖な女嫌いだが、基本的な性向はヘテロで、ヴィスタリアヴィスタリア公認の愛人サラ・ヴェルシニにだけは特別に愛情を注いでいる。ヴィスタリアとは息子アンリが生長した後、長い間別居状態にあったが、23年後ひょんなことから娘アテネーが生まれると、ほぼ同居状態で暮らすようになった。

アテネーを溺愛している。奥歯には誘拐に備えて発信機が埋め込まれている。 同作者名香智子『花の美女姫』にも登場している。

関連人物・キャラクター

アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトル

ラウール・ド・シャルトルとヴィスタリアの子。少年期は神童的な才能を持った美少年で、大人びて冷めたところのある性格だった。本人曰く、幼少期は勉強に夢中で、思春期は色事に夢中になって過ごしたとのこと。長じ... 関連ページ:アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトル

ヴィスタリア

アンリ・ド・シャルトルの母親。フランスの大貴族グランサニュー侯爵令嬢。夫となったラウール・ド・シャルトル公爵とはいとこで幼馴染。基本的に女の子が大好きなレズビアンで、男とキスをすると吐いてしまうほどの... 関連ページ:ヴィスタリア

登場作品

シャルトル公爵の愉しみ

フランスの大貴族、大金持ちで美形揃いだが変わり者ぞろいのシャルトル公爵家の人々の周囲には、やはり同類の変わり者たちがそれぞれの思惑と運命を持って集まってくる。そんな彼らの恋愛を中心に、上流階級の人々の... 関連ページ:シャルトル公爵の愉しみ

SHARE
EC
Amazon
logo