ラグトーリン

銀の三角(漫画)の主人公。マーリー・1とはライバル関係。

  • ラグトーリン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀の三角(漫画)
正式名称
ラグトーリン

総合スレッド

ラグトーリン(銀の三角)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

『銀の三角』の主人公のひとり。神出鬼没に現れる黒髪の女性楽師。その正体は本人自身もよくわかっていない。ル・パントーが死に際に出す声が世界の調和を歪ませてしまうため、ル・パントーの運命を変えようと時空間を行き来して原因を探り、様々な仕掛けを加えてパターンを試している。マーリー・1の出身星であるサーザの太陽を変光を起こして星を滅ぼしマーリー・1の存在を亡き者にしようとするなど、能力は果てしなく巨大だが、赤砂地など一部の場所では時空間の修正が利かなかったり、ル・パントーのように強固な運命を持つ者には直接干渉ができないなど、制約も多い。

幽閉されたル・パントーが夢を飛ばすことを覚えてからは、彼の夢に向かって歌を聴かせていた。

登場人物・キャラクター

『銀の三角』の主人公のひとり。予知能力を持つ青年。中央年齢321歳。太陽の変光異常で住民の九割が亡くなった惑星サーザの出身。サーザを脱出して後は、中央に市民登録し、今は青耳にある五位岬の湖に住んでいる...
辺境惑星赤砂地の、リザリゾ王国のリザリゾ王第三妃の元に生まれた銀の三角人の血が隔世遺伝で現れてしまった子供。体内に時空軸を持っている時空人で、殺されてもその直前の肉体を時空軸が運んでくるため、形式状不...

登場作品

友人ジェイフ・カルソリから歌手エロキュスのテープを送られたマーリー・ザ・レイは、辺境惑星トメイで行われる彼女のコンサートに訪れる。ジェイフにはただのファンであるように振舞うマーリーの目的は、変位指数の...