ラシェル・ベロー

ラシェル・ベロー

GUNSLINGER GIRL(漫画)の登場人物。

登場作品
GUNSLINGER GIRL(漫画)
正式名称
ラシェル・ベロー
ふりがな
らしぇるべろー
関連商品
Amazon 楽天

概要

ユーロポールでハルトマン(のちのヒルシャー)と同僚だった監察医。マフィア集団カモッラによるスナッフ・フィルムの被害者の司法解剖を担当。児童虐待取締班のハルトマン刑事と出会い、2人で残忍な事件に苦しんでいた。カモッラ幹部のマリオ・ボッシが、足を洗いたいと被害者少女の救出を依頼。

職務外で2人はアムステルダムの撮影現場に潜入する。その際銃撃をうけ瀕死になるも、被害者の少女(のちのトリエラ)に救命処置を行う。一命を取り留めさせたあと、あの子に「希望」を託した、と述べて死亡。トリエラは時折彼女の夢を見て、「お母さん」と呼んでいる。ヒルシャーは彼女の思いを重く受け止めており、トリエラが少しでも長く生きるように尽力することを誓い、彼女の意志を受け継いで、未来のために手紙をロベルタ・グエルフィに託す。

登場作品

GUNSLINGER GIRL

舞台はテロの横行するイタリア。政府機関「社会福祉公社」は、死に瀕した少女を改造・洗脳し、優秀な殺し屋としてテロリストと戦わせていた。「義体」と呼ばれるサイボーグに生まれ変わった少女たちの苦悩と戦いを描... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

アニメ

GUNSLINGER GIRL

国内に様々な対立構造や問題を抱えるイタリア政府は、「社会福祉公社」なる障害者支援法人を立ち上げる。その実態は身体障害の少女たちの体を改造、「条件付け」とよばれる洗脳を施し、暗殺者として行動させる超法規... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

SHARE
EC
Amazon
logo