• 伝説 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ラダの科学論

ラダの科学論

ラダの科学論

伝説(漫画)の舞台である西暦2505年の地球において、すべての科学の基礎となっている科学思想体系のこと。読みは「らだのかがくろん」。

登場作品
伝説(漫画)
正式名称
ラダの科学論
ふりがな
らだのかがくろん
関連商品
Amazon 楽天

概要

22世紀初頭に登場した大科学者ツァラ・ラダは、超心理学や心霊学、神秘思想、カバラ、あらゆる宗教を否定。心霊やEPSといった不可思議な現象や体験を、心理学や大脳生理学、電子工学などを組み合わせて説き、短期間で世界文明の道を切り開いて、統一国家・地球連邦政府の誕生を促進させた。

ラダの科学論が人類に浸透すると同時に、不可思議なものは姿を消し、人類は一つの統一した意思体へと進化したとされる。

登場作品

伝説

巨大流星群、イルゼが降り注ぎ、大被害を被った西暦2505年の地球。事故で脳以外の肉体を失い、バイオーグ・イオ・フレミングとして、南極に出現した進化・増殖する謎の植物群ジュマの調査に赴いたジロウ・サヤマ... 関連ページ:伝説

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo