ラック・ボルティア

ラック・ボルティア

ブラッククローバー(漫画)の登場人物。

登場作品
ブラッククローバー(漫画)
正式名称
ラック・ボルティア
ふりがな
らっくぼるてぃあ
関連商品
Amazon 楽天

概要

18歳、身長167cm、誕生日10月11日、天秤座、血液型O型。好きなモノは強い者、ちょっかい。魔法騎士団の1つである黒の暴牛の団員で、常に笑みを絶やさない偏執的なバトルマニアの青年。平民の出ながら、ずば抜けた魔力の感知能力を誇る。性格破綻者でさえなければ、他の魔法騎士団からも引く手数多だったという。

常に強い相手を探し求めており、強敵と戦うためなら平然と単身で危険に飛び込む。幼い頃から笑うこと以外の感情表現ができず、そのせいで実の母親からも煙たがられていた。だが、魔法で貴族を打ち負かしたことを母親から褒められ、常に勝ち続けるよう言い含められる。それ以来、母親の言葉に縛られ、たった1人で強敵に挑み続けてきたが、アスタとの出会いから頼っていい仲間が出来たことを改めて実感し、仲間と協力して共に戦うことを覚えた。

雷の魔力を纏って戦う雷系の魔法の使い手で、主な使用魔法は雷創生魔法の雷神の長靴や迅雷の崩玉など。

登場作品

ブラッククローバー

魔神によって絶滅の危機に瀕する人類を救った1人の魔道士。後に彼は魔法帝と呼ばれ伝説となった。最果ての町の教会に暮らす孤児の少年アスタは、自らが伝説の魔法帝になることを夢見て、日々特訓に明け暮れるものの... 関連ページ:ブラッククローバー

SHARE
EC
Amazon
logo