ラファエーレ・リアーリオ

チェーザレ 破壊の創造者(漫画)の登場人物。別称、Rafaele Riario。

  • ラファエーレ・リアーリオ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
チェーザレ 破壊の創造者(漫画)
正式名称
ラファエーレ・リアーリオ
別称
Rafaele Riario

総合スレッド

ラファエーレ・リアーリオ(チェーザレ 破壊の創造者)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

『チェーザレ 破壊の創造者』の登場人物で、中世イタリアに実在した人物。ピサの大司教を勤めている枢機卿。ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレの腹心の部下とされ、ロレンツォ・デ・メディチを暗殺しようとした「パッツィ家の陰謀事件」で囮役として利用された。大司教邸に住まわせているチェーザレ・ボルジアに好意を抱いており、敵側だったボルジア家に寝返った形となっているが、メディチ家とは遺恨が残った形になっていた。

ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレから命じられたチェーザレ・ボルジアの暗殺指令も反故にした形である。

登場人物・キャラクター

『チェーザレ 破壊の創造者』の登場人物で、中世イタリアに実在した人物。次期教皇の有力な候補である枢機卿で、以前よりロドリーゴ・ボルジアとその同盟者であるロレンツォ・デ・メディチを目の敵にしており、チェ...
『チェーザレ 破壊の創造者』の主人公で、中世イタリアに実在した人物。スペインの大富豪で枢機卿のロドリーゴ・ボルジアの庶子である次男。くせのある黒髪が特徴で容姿は端麗、文武にも優れごく幼い頃から才能を認...

登場作品

才能を見込まれてサピエンツァ大学ピサ校に編入することになったアンジェロ・ダ・カノッサは、ひょんなことから人を惹きつけるカリスマ性を備えたスペイン貴族の若者チェーザレ・ボルジアと出会う。父親のロドリーゴ...