ラルフ・クルー

小公女セーラ(テレビアニメ)の登場人物。セーラとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
小公女セーラ(テレビアニメ)
正式名称
ラルフ・クルー
ふりがな
らるふくるー

総合スレッド

ラルフ・クルー(小公女セーラ)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

セーラの父親。インドで鉱山を経営していた英国人富豪。故郷のイギリスで娘に教育を受けさせるべくミンチン女学院へ託す。単身インドに戻ったあとダイヤモンド鉱山が経営難に陥ったうえ病死する。

そのさい手違いや連絡不行届が重なり、セーラの経済的な後ろ盾が失われることになる。妻とは死別している。セーラにとって唯一の身寄りだった。

登場人物・キャラクター

10歳。英国人でインド育ちの少女。父ラルフは鉱山経営者の大富豪。母とは幼少期に死別。ミンチン女学院に預けられ、フランス語からインドの言葉まで身につけている教養深さや品性の良さでもてはやされるも、父の破...

関連キーワード

19世紀の英国ロンドンにある寄宿学校。経営者は学院長のマリア・ミンチン。在学生は良家の息女ばかりで、中でも特に学院への経済的貢献が大きな親をもつ生徒は専用の大きな部屋をあてがわれ特別待遇を受ける。 屋...

登場作品

インドで裕福に育った富豪令嬢・セーラ・クルーは英国にある寄宿学校・ミンチン女学院に編入する。桁外れの金持ちな上、賢く優しいセーラは学校の人気者になるが、父が破産、病死したことで立場が急変。 学院の使用...