ランディ・コルトー

アルペンローゼ(漫画)の登場人物。

  • ランディ・コルトー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アルペンローゼ(漫画)
正式名称
ランディ・コルトー

総合スレッド

ランディ・コルトー(アルペンローゼ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

名前のランディは、フランス語で月曜を意味する。幼い頃に両親を失い、強欲な叔母夫婦にこき使われながら成長する。両親との思い出の品である横笛を巧みに吹く。高潔な人格で、常に他人を助けようとする。たんぽぽ畑で、六歳以前の記憶を失った少女を発見すると、ジュディと名付け、共に成長した。

フランスのジョルジュ・ド・グールモン伯爵に捕われたジュディを救出し、ふたりで旅にでる。途中、爆弾騒ぎで行方不明になるが、後にジュディと再会した。旅の過程でジュディと恋人関係になり、ジュデイが家族と再会してからも、一緒に暮らしている。しかし兄のジャン・ジャックの手紙を発見したことから、パリに赴く。

その後、ナチスの殺し屋で、「タランチュラ」と呼ばれるジャンを助けようと、後を追ってきたジュディと共に奮闘した。

登場人物・キャラクター

本名、アリシア・ブレンデル。6歳以前の記憶を失い、スイスのたんぽぽ畑で倒れていたところを、ランディ・コルトーに救われる。木曜日に発見されたことから、ランディによってフランス語で木曜を意味するジュディと...

関連キーワード

ヨーロッパにある国。第二次世界大戦中は、ドイツの圧力に耐え、武装中立を貫いた。ジュディやランディ・コルトーが暮らしている。

登場作品

第二次世界大戦下のスイス。6歳以前の記憶を失っているジュディは、幼馴染のランディと共に、自身の記憶と、両親の消息を求めて旅立つ。手掛かりは、昔からジュデイに飼われていたらしいオウムの言うアルペンローゼ...