ランバ・ラル

ランバ・ラル

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物。クラウレ・ハモンとは親族関係にある。

登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
ランバ・ラル
ふりがな
らんばらる
関連商品
Amazon 楽天

概要

ジオン軍大尉。ジオン・ズム・ダイクンの政治活動を支えたジンバ・ラルの長男。クラウレ・ハモンは内縁の妻。ジオン・ズム・ダイクンの死後ザビ家の迫害を受けた2人の遺児キャスバル・レム・ダイクンとアルテイシア・ソム・ダイクンの地球脱出の手助けをした。

その後、ドズル・ザビの誘いを受け、モビルスーツのテストパイロットとして実用化に尽力。地球連邦軍のガンキャノン一個中隊と交戦した雨の海海戦では、ランバル・ラルはプロトタイプ・ザクに搭乗してシャア・アズナブル黒い三連星を率いて戦い圧勝。ジオン軍モビルスーツの優位性を証明して見せた。

1年戦争開戦当初はドズル・ザビ中将麾下の指揮官として戦闘に参加したが、サイド2の8バンチコロニー・アイランドフィッシュに毒ガスを注入する作戦の実行を拒んだことから軍務をはずされる。このためルウム海戦には参戦していない。しばらくは軍から干されていたが、ガルマ・ザビホワイトベースとの戦闘で死亡したことにより、その仇討ちという極めて私的な任務をドズル・ザビ中将より拝命する。

機動巡洋艦ザンジバルで地球に降りたランバ・ラルは新型モビルスーツグフを駆ってホワイトベースを急襲し、ガンダムを翻弄した。しかしその後のガンダムとの戦闘でグフを破壊されたランバ・ラルは、歩兵戦闘車キュイに部隊を搭乗させ、ホワイトベースを乗っ取るべく白兵戦による戦闘をしかける。

しかし、戦闘のさなかセイラ・マスと遭遇し、彼女にかつて救出したアルテイシア・ソム・ダイクンの面影を認めたことで隙が生じ、リュウ・ホセイの銃撃を受け致命傷を負う。死を悟ったランバ・ラルは内縁の妻クラウレ・ハモンとの交信を行い、「戦いの中で戦いを忘れた」と伝え、最後は手榴弾を爆発させ自爆して果てた。

モビルスーツの開発段階からテストパイロットをつとめたランバ・ラルは最も経験豊富なモビルスーツ乗りであり、その実力はジオン軍の中でも群を抜く存在であったといえる。一方で、様々な苦難をともにした内縁の妻クラウレ・ハモンを誰よりも信頼し、戦場にも同行させるなど、軍人として型破りな面もあった。

ランバ・ラルが実戦で搭乗したモビルスーツは、プロトタイプ・ザクグフの2機である。

関連人物・キャラクター

クラウレ・ハモン

ジオン軍大尉ランバ・ラルの内縁の妻。ザビ家の末子ガルマ・ザビの仇討ちを任務とするランバ・ラルに同行し、ホワイトベースと戦闘を繰り広げた。ランバ・ラルへの想いは深く、その死後、仇をとるため残存部隊を率い... 関連ページ:クラウレ・ハモン

関連キーワード

ジオン公国

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する国家。地球からもっとも遠いスペースコロニー・サイド3を中心とする宇宙国家。その前身はムンゾ自治共和国でジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンが国家... 関連ページ:ジオン公国

ガンキャノン

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するモビルスーツの名称。型式番号RX-78。アナハイム社に所属していたテム・レイ博士によって設計・開発されたモビルスーツ。宇宙世紀0078年に初号機が完... 関連ページ:ガンキャノン

グフ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するモビルスーツの名称。ジオン軍が開発した陸戦用モビルスーツ。型式番号MS-07。全高約18メートル。陸戦に特化し、対モビルスーツ用にザクⅡの格闘能力を... 関連ページ:グフ

登場作品

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

宇宙移民国家が起こした独立戦争を舞台にパイロットとなった少年と仲間が生きのびるために戦っていくSF戦争漫画。 関連ページ:機動戦士ガンダム THE ORIGIN

SHARE
EC
Amazon
logo