ラン・リーアン

火輪(漫画)の主人公。別称、琅亮。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
火輪(漫画)
正式名称
ラン・リーアン
ふりがな
らんりーあん
別称
琅亮

総合スレッド

ラン・リーアン(火輪)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

十数年前、東海竜王・敖広の領地である昇竜山に捨てられていた人間の赤子で、山に住まう仙女・白玲に拾われ、その養い子となる。昇竜山は、天界へと通ずる重要拠点であり、敖広をはじめとする多くの竜族が訪れて、ラン・リーアンの成長に大きく関わった。そのこととラン・リーアン自身の出生の秘密によって、常人では到底太刀打ちできない身体能力と武技を有するようになる。

反面、育ての親である白玲敖広の愛情を一身に受け、不自由なく育てられたためか、精神的には純粋で世間知らず、そしてやや幼い。しかし、竜王剣が盗まれたことをきっかけに人界に降り立ち、竜族以外の様々な人間・神仙らと触れ合うことによって、様々な感情や多様な考え方を知り、次第に成熟していった。

また、竜王剣奪還の旅が進むにつれて、彼の内に秘められた制御できない巨大な力が発露するようになる。そして、その力の根源である出生の秘密が明らかになるにつれ、天界・仙界・人界のすべてが揺らぐ大きな動乱へと発展していくのだった。

登場作品

東アジア大陸にある東海竜王の領地・昇竜山。ここには三千年の昔から、竜王剣と呼ばれる竜族の至宝が安置され、それを守る白真珠の化身・白玲娘々が住んでいた。十数年前、ひとりの人間の赤子が昇竜山に捨てられる。...