ラーフラ

ラーフラ

聖☆おにいさん(漫画)の登場人物。ブッダとは親族関係にある。

登場作品
聖☆おにいさん(漫画)
正式名称
ラーフラ
ふりがな
らーふら
関連商品
Amazon 楽天

概要

ブッダの息子で、青年の姿をしている。名前は「障害」という意味。「出家する際の障害になる子」と感じた父・ブッダよりこの名を付けられた。ラーフラへの愛情があるからこそ障害になるという命名だが、ブッダはこれを後悔している。ブッダの息子であるが故に自分が特別であると思い込み、演出のため、素直に誕生せず母の胎内で6年間も粘るなど増長した振る舞いをしていた。

今はその過去を悔いており、反動からか卑屈な性格に。自らを「便器を寝床にするのがお似合いの汚水のような人間」と称し、「トイレ修行」といいつつトイレに籠もる。ブッダとのキャッチボールをきっかけに和解した。

関連人物・キャラクター

ブッダ

仏教を開いた釈迦その人。世紀末を終え、イエスと共に立川のアパートで暮らす。紀元前の生まれなので相当な高齢なはずだが青年のような姿で、日々の暮らしに起こる些細な出来事に感動する瑞々しい感性を持つ。細かい... 関連ページ:ブッダ

登場作品

聖☆おにいさん

世紀末を終えたブッダとイエスは休暇のために下界へ降り、東京都立川市のアパートで二人暮らしをする。正体を隠し、つつましく日々を過ごす二人だが、無意識のうちに奇跡を起こしてしまったり、仏教・キリスト教をは... 関連ページ:聖☆おにいさん

SHARE
EC
Amazon
logo