リハク

北斗の拳(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(テレビアニメ)
正式名称
リハク
ふりがな
りはく

総合スレッド

リハク(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

南斗最後の将直属の護衛軍団長南斗五車星の1人。海のシンボルを司る。高い戦闘能力はもたないが、知略を得意とする智将。南斗最後の将の居城で指揮をとり、拳王軍の侵攻を阻止してケンシロウを将に引き合わせるため尽力する。

登場人物・キャラクター

無敵を掲げる暗殺拳・北斗神拳第64代目正統伝承者。世紀末の覇者を目指したラオウを倒した後、恋人ユリアと静かな生活を送った。病でユリアが早逝するのを看取った後、バットとリンの危機を察知してレジスタンスに...

関連キーワード

およびその称号。南斗聖拳の正統な血統を引く者。全身に甲冑をまとって顔を隠している。その素性を知ったジュウザは即座に自らの宿命を引き受けたほか、ケンシロウとラオウのいずれが先に会うかで天下の行方が変わる...
『北斗の拳』に登場する集団。南斗最後の将のために戦う5つの軍勢。各軍は1つずつ自然のシンボルを掲げている。風のヒューイ、炎のシュレン、山のフドウ、雲のジュウザ、海のリハクがそれぞれの長。

登場作品

199X年、核戦争で人類社会は瓦解。食糧と水をめぐり強者が弱者を暴力で虐げる地獄が地上を覆った。そこへ最強の暗殺拳・北斗神拳の使い手ケンシロウが現れ、かつて恋人をさらった宿敵・シン率いるKING軍など...