リバウール

リバウール

キャプテン翼 -ROAD TO 2002-(漫画)の登場人物。大空翼とはライバル関係。

概要

FCバルセロナのFWで、バルサの鷹と呼ばれ、ブラジルのナショナルチームキャプテンも務める、世界最高峰のトップ下。昨年度のFIFA MVPならびにバロンドール受賞者。そんな実力者も、移籍してきた大空翼のことは若きライバルとして一目置いている。

腰に傷を抱えているが、その存在感とリダーシップは圧倒的。R・マドリッドとのスペインダービー(第5節)後半戦に腰の負傷を押して出場すると、大空翼と共に逆転勝利してみせた。リバウールターン、ゴールデンホークショット、サブマリンディフェンスなど、多彩な技をもつ。

関連人物・キャラクター

大空翼

ブラジルのサンパウロFCからスペインのFCバルセロナに移籍するが、トップ下を希望する翼は、ファンサール監督より「10ゴール10アシスト」するよう指示され、2部スタートとなる。初戦で6ゴール4アシストと... 関連ページ:大空翼

登場作品

キャプテン翼 -ROAD TO 2002-

ワールドユース世界大会を終え、20歳となる大空翼が新たな挑戦の場に選んだのは、スペインのFCバルセロナ。しかし、チームメイトであるブラジル代表の10番リバウールのポジション争いに勝てず、Bチームに降格... 関連ページ:キャプテン翼 -ROAD TO 2002-

SHARE
EC
Amazon
logo