リュウ

北斗の拳(漫画)の登場人物。ラオウとは親族関係にある。

  • リュウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
リュウ
ふりがな
りゅう

総合スレッド

リュウ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

少年。ラオウの息子。北斗神拳伝承者となるべく、ケンシロウと共に試練の旅に出る。子供ながら村人を苦しめる悪党に立ち向かい、ただ一人でコウケツの住処へ向かい、囚われの子供たちを率いて反乱を起こすなど、英雄としての資質を見せる。

登場人物・キャラクター

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。一子相伝の暗殺拳・北斗神拳の伝承者で、、余人を寄せ付けない優れた戦闘力を備える。筋骨隆々の逞しい肉体を持ち、胸には北斗七星の形に並んだ七つの傷がある。北斗神拳の伝承者候...
青年男性。北斗神拳を使う拳法家。全身筋肉の塊のような巨体を持つ。北斗神拳の元・伝承者候補で、ケンシロウにとっては義兄にあたる。また、同じ伝承者候補のトキは血が繋がった実の弟。全てを打ち砕く剛拳を持ち、...

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する拳法。ケンシロウ、ラオウ、トキ、ジャギが使う。人体に708存在する経絡秘孔(秘孔)を突き、身体を内部から破壊する。例えば秘孔・頭維を突く「北斗残悔拳」なら、指を抜いて3秒後に頭が...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...