リヨンの虐殺者

リヨンの虐殺者

静粛に、天才只今勉強中!(漫画)に登場する用語。

概要

ジョゼフ・コティの忌まわしき異名。サン・ジュストの指令でリヨンの派遣議員となったコティは、国民公会の指示を受け町の破壊と反共和国勢力の虐殺を指揮。その結果リヨンの虐殺者というありがたくない異名を着せられた。一方でその後リヨンでの公務に手心を加えたとしてコティは穏健派(ジロンド)として訴えられてしまう。

その結果、コティは生き残りをかけてマクシミリアン・ド・ロベスピエールと対決することとなった。

関連人物・キャラクター

コティ

「リヨンの虐殺者」、「サンクールの風見鶏」の異名を持つ政治家。18世紀後半フランスに生まれる。修道院で少年たちに物理を教えるユニークな教師だったが、フランス革命が起こると教師を辞任し、故郷のナントで議... 関連ページ:コティ

登場作品

静粛に、天才只今勉強中!

18世紀後半のフランス。修道院で物理学の教師だったジョゼフ・コティは、フランス革命に乗じて議員となりパリの政界に身を投じた。常に多数派につくことを信条とする日和見主義者のコティは、マクシミリアン・ド・... 関連ページ:静粛に、天才只今勉強中!

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
登場作品
logo