リン

リン

北斗の拳(漫画)の登場人物。ルイとは親族関係にある。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
リン
ふりがな
りん
関連商品
Amazon 楽天

概要

年端もいかない少女。目の前で両親を殺された経験から言葉を失っていたが、ケンシロウに秘孔を突かれて喋れるようになった。バットと共にケンシロウの旅に同行し、様々な経験を積む。子供ゆえに拳法の経験もなく、戦う力は皆無に等しいが、悪党に服従して生き長らえるよりは死を選ぼうとする、強い心と誇り高き魂を持つ。

成長してからはバットと共に北斗の軍の中核人物として天帝の圧政と戦う。実は天帝の双子の妹。

関連人物・キャラクター

ルイ

成人女性。北斗七星を従える太極星を宿星として持ち、天帝として崇められる。元斗皇拳の戦士らを従え、その軍はラオウの没後急速に勢力を拡大、世紀末世界に新たな秩序を築き上げるに至った。しかし、ルイ自身はジャ... 関連ページ:ルイ

バット

小柄な少年。こそ泥のようなことを繰り返して生きてきたが、ケンシロウの強さに惚れ込んで押しかけ同行者となる。悪ぶってはいるが心根は優しく、育ての親の負担を減らすために自ら家を出たという過去を持つ。各地を... 関連ページ:バット

関連キーワード

北斗の軍

『北斗の拳』に登場するレジスタンス組織。天帝の圧政から人々を救うべく、囚人護送車を襲い、天帝の支配地域を攻撃するなどの活躍を見せ、「神出鬼没の武闘集団」と呼ばれる。成長したリンとバットがリーダーを、リハクが軍師を務めている。勢力に勝る天帝の軍隊を相手に果敢な戦いを続けた。旗印は北斗七星。

登場作品

北斗の拳

核戦争の後、暴力が全てを支配する無秩序状態になった世界。北斗神拳の伝承者であるケンシロウは、そんな世紀末世界を恐怖と力で支配しようとする義兄・ラオウに立ち向かう。原作は武論尊。 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon
logo