リヴァイア

リヴァイア

波打際のむろみさん(漫画)の登場人物。

登場作品
波打際のむろみさん(漫画)
正式名称
リヴァイア
関連商品
Amazon 楽天

概要

『波打際のむろみさん』に登場する人外の存在。見た目は人魚のカタチをしているが、それはかりそめの姿で、実際には太古から存在する超巨大な海竜・リヴァイアサンである。その力は作中の時代において地球最強であり、本気を出せば地球の破壊も可能。かつては神々に仕えていて、前の世界の終末戦争に参加した経験も。その終戦後に神々とともに滅びる予定だったが、幼少時代のむろみに説得され、生き延びて新しい世界を見守る道を選んだ。

破壊の権化と言われるほどの恐るべき力を秘めた存在だが、作中でのリヴァイアは基本的に「陽気でイベント好きな大酒飲みの姉ちゃん」。ただし、その力はいささかも損なわれておらず、怒らせるとヤバい。ちなみに、本人曰く福岡県の小倉出身で、むろみと同じく博多弁で喋るのが特徴。

むろみの紹介では「地元の先輩」となっているが、出自から考えるととてもあやしい。

関連人物・キャラクター

むろみ

見た目は十代後半だが、推定年齢8桁以上の人魚である。ただし、精神年齢は18歳くらい。地元が福岡県の小倉近辺らしく、流暢な博多弁でまくしたてるように話すのが特徴。向島拓朗の釣り竿に掛かったことをきっかけ... 関連ページ:むろみ

登場作品

波打際のむろみさん

聖ピスタチオ学園に通う高校生・向島拓朗は、学内で唯一のフィッシング部員。その日もひとり釣り竿を担ぎ、近場の堤防で糸を垂れていた。ところが拓朗が釣り上げたのは大魚ならぬ人魚。むろみという名のその人魚は、... 関連ページ:波打際のむろみさん

SHARE
EC
Amazon
logo