リヴィウス・オルヴィヌス・イフリキア

それでも世界は美しい(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
それでも世界は美しい(テレビアニメ)
正式名称
リヴィウス・オルヴィヌス・イフリキア
フリガナ
リヴィウスオルヴィヌスイフリキア

総合スレッド

リヴィウス・オルヴィヌス・イフリキア(それでも世界は美しい)の総合スレッド
2016.03.22 15:53

概要

晴れの大国の国王で「太陽王」と呼ばれる少年である。黒い瞳に、黒髪の11歳で、即位後3年で世界征服を果たした世界王でもある。もともと下級階級の身であり、王位に興味はなかったが、最愛の母を暗殺された事が引き金となり、冷血で無慈悲な王へと変貌した。

晴れの大国では、毎日晴れているため、たまには雨を見たいという理由で雨の公国から姫を1人要求した。妻となるニケは彼よりも年上で背も高いが、彼女の奔放な性格が面白いと感じ、退屈しのぎに迎え入れた。

しかし、敵対派閥に暗殺されそうになった彼をニケが助けたときから、彼女への信頼は絶対となる。母の死後、毎晩薬の力で眠っていたリビだが、ニケの隣ではそのまま眠れるために、睡眠薬代わりに彼女の寝所で眠っている。

登場作品

晴れの大国の太陽王リヴィウス一世の退屈しのぎのために嫁ぐこととなった、雨の公国の第4公女ニケ。自国のためと思い、見も知らぬ男の元に嫌々ながら嫁いでいくと、そこにいた王は自分より年下の少年であった。 美...