リーゼンドルフ

BEAST of EAST(漫画)の登場人物。別称、ドクトル。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BEAST of EAST(漫画)
正式名称
リーゼンドルフ
ふりがな
りーぜんどるふ
別称
ドクトル

総合スレッド

リーゼンドルフ(BEAST of EAST)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

五条河原の傀儡仲間には「ドクトル」と呼ばれている。老人の姿をしているが、人の血を飲むと若返る。アーマッドとともに牢に入れられていたが、鬼王丸と牢から脱走し、その後ともに行動する。傀儡小屋で使用する迦羅倶利人形(からくりにんぎょう)の整備を担当している。闇の口づけを受けた事で長生きになり、700年は生きている。

登場作品

天護慶雲年間、グレゴリオ暦900年頃の日本の話。戦や疫病で世は乱れ、孤暴流人(コボルト)や?餓(オーガ)、妖怪が人を襲う世の中で逞しく生き抜く少年の鬼王丸。いたずら者で乱暴者の鬼王丸だったが、幼馴染み...