リー・クワハラ

リー・クワハラ

アイ・シティ(漫画)の登場人物。

登場作品
アイ・シティ(漫画)
正式名称
リー・クワハラ
ふりがな
りーくわはら
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦1983年に日本の静岡県伊豆市にあった「春日ラボ」の2代目所長。初代所長の春日宗介は親友である。ロサンゼルス工科大学生体工学科で、人工的に超能力者を造ろうとして生体実験を繰り返して学会を追放された。その後、親友の春日宗介に拾われて「春日ラボ」に身を寄せる。春日宗介の死後、2代目所長に就任したが、春日宗介とその息子が作成したプログラムを手土産に学会へと復帰を果たした。

擬似超能力者組織「フラウド」のリーダー、クゥ・ラグア・リーと、フロア1983にあるマーケットの雇われガードマン、リーは、このリー・クワハラのクローンで、彼がオリジナルである。

登場作品

アイ・シティ

帰宅途中の警官、ヨシオカ・ライデンは、道端で出会った親子、ケイとアイに声をかける。行き場のない2人を家のパーティーに招待したライデンだが、見知らぬ男に拳銃で腕を撃たれてしまう。ライデンを車に乗せて逃げ... 関連ページ:アイ・シティ

SHARE
EC
Amazon
logo