ルイス・バード

ランプトンは語る(漫画)の登場人物。マルグリッド・ヘッセンとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ランプトンは語る(漫画)
正式名称
ルイス・バード

総合スレッド

ルイス・バード(ランプトンは語る)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

マルグリッドの甥。ガブリエル・スイス・ギムナジウム在籍時にエドガーとアランが転入、一時滞在していたという話をマルグリッドとマーシャルに語る。シリーズ3作目『グレンスミスの日記』に、彼がエドガーたちと出会うシーンが描かれている。

登場人物・キャラクター

西ドイツの女性作家。ドン・マーシャルの『ランプトン』という短編に、自分が祖母から聞いていたバンパネラとよく似た少年が登場することに驚き、マーシャルに連絡を取った。シリーズ3作目『グレンスミスの日記』で...

登場作品

1966年のイギリス、若き日にバンパネラの少年エドガーとアランに出会った老人ジョン・オービン卿は、同じようにエドガーとアランに出会った人々を集め、彼らにエドガーをモデルにして描かれた絵を見せた。彼らは...