ルドルフ・ヘス

ルドルフ・ヘス

劇画ヒットラー(漫画)の登場人物。

登場作品
劇画ヒットラー(漫画)
正式名称
ルドルフ・ヘス
ふりがな
るどるふへす
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヒットラーの演説に感銘し、ナチス党に参加した青年。ヒットラーに心酔し、後にナチス党副総裁となる。ヒットラーによる『我が闘争』第1章の口述筆記を行うなど、常にヒットラーに付き従っているかのように描かれていたが、第二次世界大戦中に単身スコットランドへ向かったという知らせを最後に姿を消してしまう。

関連人物・キャラクター

アドルフ・ヒットラー

オーストリア=ハンガリー帝国に生まれるが、人種的にはドイツ人であり、自身もドイツを祖国とし、ドイツへの愛国心を持ち続けた。当初は画家を志していたが果たせず、ウィーン、ミュンヘンなどで半放浪生活を送る。... 関連ページ:アドルフ・ヒットラー

関連キーワード

ナチス党

『劇画ヒットラー』に登場する政党。前身は党員も少ない泡沫政党だったドイツ労働者党で、ここにヒットラーが入党した翌年の1920年に国家社会主義ドイツ労働者党へと党名を変更した。やがてヒットラーが党首とな... 関連ページ:ナチス党

登場作品

劇画ヒットラー

1908年ウィーン、画家志望の青年アドルフ・ヒットラーは、日々の食費にも困る不遇の日々を送っていた。やがて第一次世界大戦が勃発、ヒットラーも従軍するが、祖国ドイツは破れ戦後の混乱期へと突入する。政治的... 関連ページ:劇画ヒットラー

SHARE
EC
Amazon
logo