ルドルフ=フランツ=カール=ヨーゼフ=フォン=オーストリア

ルドルフ=フランツ=カール=ヨーゼフ=フォン=オーストリア

天上の愛 地上の恋(漫画)の主人公。別称、ルドルフ。

登場作品
天上の愛 地上の恋(漫画)
正式名称
ルドルフ=フランツ=カール=ヨーゼフ=フォン=オーストリア
ふりがな
るどるふふらんつかーるよーぜふふぉんおーすとりあ
別称
ルドルフ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『天上の愛 地上の恋』の主人公の1人。初登場時9歳。金髪の巻き毛の少年。後に成人し、オーストリアの皇太子となる。ハプスブルク家のオーストリア皇帝フランツ=ヨーゼフの1人息子。9歳の頃、バイエルンのシュタンベルクで、ある男性の死体と一緒にいるところをアルフレート(アルフレート=フェリックス)に目撃される。

アルフレートをウィーンに連れ帰り、共に過ごす。幼くしてオーストラリア瓦解の兆しを感じ取り、鋭い知性と冷酷さを見せるが、陰では課せられた宿命の重圧に深い孤独を感じている。自分を「地上の神」と慕うアルフレートと深い絆で結ばれるが、国の命運を司る使命のために、すれ違いを繰り返す。

歴史上の実在の人物、ルドルフ・フランツ・カール・ヨーゼフ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲンがモデル。

登場作品

天上の愛 地上の恋

19世紀のオーストリアを舞台に、皇太子ルドルフ(ルドルフ=フランツ=カール=ヨーゼフ=フォン=オーストリア)と彼を「地上の神」と慕う青年アルフレート(アルフレート=フェリックス)との同性愛と、歴史の渦... 関連ページ:天上の愛 地上の恋

SHARE
EC
Amazon
logo