ルーヴル宮の守り人

ルーヴル宮の守り人

千年の翼、百年の夢(漫画)の登場人物。読みは「るーぶるきゅうのもりびと」。

登場作品
千年の翼、百年の夢(漫画)
正式名称
ルーヴル宮の守り人
ふりがな
るーぶるきゅうのもりびと
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公の「」の前に姿を現わす謎の女性。現代離れした古めかしい衣装を身にまとっている。「ルーヴル宮の守り人」を自称し、収蔵の美術品を何百年も守り続けていると言う。「」を美術史を巡る夢幻の旅へと導く存在。「」に名前を問われた際に、ギリシャ文明の彫像で現在ルーヴル美術館所蔵の「サモトラケのニケ」であると答えた。

登場作品

千年の翼、百年の夢

日本人男性がパリのルーヴル美術館など美術名所で時空を超え、過去の偉人と出会うなど美術史への遥かな旅を体験する美術ファンタジー。ルーヴル美術館がその魅力を世界に発信する企画の一環として執筆された。全編オ... 関連ページ:千年の翼、百年の夢

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
logo