ルーヴル宮の守り人

千年の翼、百年の夢(漫画)の登場人物。読みは「るーぶるきゅうのもりびと」。

  • ルーヴル宮の守り人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
千年の翼、百年の夢(漫画)
正式名称
ルーヴル宮の守り人
ふりがな
るーぶるきゅうのもりびと

総合スレッド

ルーヴル宮の守り人(千年の翼、百年の夢)の総合スレッド
2016.08.04 14:46

概要

主人公の「」の前に姿を現わす謎の女性。現代離れした古めかしい衣装を身にまとっている。「ルーヴル宮の守り人」を自称し、収蔵の美術品を何百年も守り続けていると言う。「」を美術史を巡る夢幻の旅へと導く存在。「」に名前を問われた際に、ギリシャ文明の彫像で現在ルーヴル美術館所蔵の「サモトラケのニケ」であると答えた。

登場作品

日本人男性の「僕」は海外での仕事帰りに一人でパリに滞在し、美術館巡りをしようとする。しかし長旅の疲れか風邪をこじらせ寝込んでしまう。何とか回復した「僕」は予定通りルーブル美術館へと出向く。しかし来場客...