レイ子

レイ子

ブルーゾーン(漫画)の登場人物。読みは「れいこ」。

登場作品
ブルーゾーン(漫画)
正式名称
レイ子
ふりがな
れいこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

青森県下北半島にある寒村・恐村の少女。病死したが土葬された柩の中で甦り、イタコの母トヨに呼びかけて助かった。それ以来、恐村では黒い虫が雪のように降ったり、牛のバラバラ死体と血が赤い雨のように降ったり、空飛ぶ円盤が現れたりと怪異が連続。レイ子のせいだと村人たちが噂した。

レイ子の臨死体験から、ブルー・ゾーン生命レイ子を取り込もうとして失敗し、レイ子生命を狙って怪異を起こしていたものと判明。二子神ジュンじいによって、円盤型になって現れたブルー・ゾーン生命は撃退された。

登場作品

ブルーゾーン

孤児院で育った二子神ジュンは18歳の誕生日に、父親の莫大な遺産を相続。二子神邸で父が研究していたブルー・ゾーンのことを知る。ジュンが育った孤児院を爆破されたことをきっかけに、ジュンは異界の魔物と戦うこ... 関連ページ:ブルーゾーン

SHARE
EC
Amazon
logo