レオーネ・アバッキオ

レオーネ・アバッキオ

概要

パッショーネの一員で、ブローノ・ブチャラティの部下。組織に入る前は警察官だったが、汚職に手を染めたことが原因で同僚を死なせてしまい、失意のうちにパッショーネに入団している。疑り深い性格で、かつ排他的な一面が強い。そのため新入りのジョルノ・ジョバーナに初対面ではティーポットに注いだ自らの尿を飲むよう嫌がらせを行い、最後まで完全に心を許すことはなかった。

しかしチームの目的を達成しようという意識は非常に強く、そのためなら自らの犠牲も厭わない。使用するスタンドは、特定の人物やスタンドの行動を再現することができる「ムーディー・ブルース」。その能力によって正体不明のボスの素顔を知るキーマンとなるが、それが原因でヴィネガー・ドッピオに暗殺される結果となってしまう。

関連人物・キャラクター

ブローノ・ブチャラティ

ギャング組織パッショーネの一員で、ジョルノ・ジョバーナの所属するチームのリーダー。地元の市民たちには非常に慕われている。組織の上層部からの信頼も厚く、ポルポの死後は幹部に昇進。しかし、自分のチームに下... 関連ページ:ブローノ・ブチャラティ

関連キーワード

パッショーネ

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風』の舞台となる組織。イタリア語で「情熱」の意味を持ついわゆるギャング団だが、構成員に多くのスタンド使いを擁することが特徴。その要因は、ポルポが行う「入団試... 関連ページ:パッショーネ

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第5部となる作品。2001年のイタリアを舞台に、ギャング組織パッショーネに加入したジョルノ・ジョバーナが、彼の目標とする「ギャング・スター」へと上り詰める姿と、組織か... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風

SHARE
EC
Amazon
logo