レットー・ウインゲート

レットー・ウインゲート

荒野の少年イサム(漫画)の登場人物。ネッド・ウインゲート、ハート・ウインゲートとは親族関係にある。

登場作品
荒野の少年イサム(漫画)
正式名称
レットー・ウインゲート
関連商品
Amazon 楽天

概要

ハート・ウインゲートの息子で、ネッド・ウインゲートの兄。家族のふたりと共にアウトローをして過ごしている。退屈しのぎのゲーム代わりに他人を撃つような残忍な性格。弟のネッドよりも銃の扱いに長け、幼い渡イサムにスパルタ方式で早撃ちや曲打ちの技術を叩き込む。イサムがウインゲート一家と離れた後にもモリソン牧場の給金を奪う計画を立て、イサムの前に姿を現すが、イサムがそれを阻止したことではっきりとイサムと敵対関係になる。

関連人物・キャラクター

ネッド・ウインゲート

ハート・ウインゲートの息子で、レットー・ウインゲートの弟。家族でアウトローとして暮らしている。大きく活躍することもないが、重大なミスを犯すこともない。銃の腕は立つものの、他のふたりには劣る。しかし、父や兄ともそれなりに対等な立場で振る舞っている。偵察やちょっとした泥棒といった役割を果たすことが多い。

ハート・ウインゲート

ウインゲート一家のリーダーで、レットー・ウインゲートとネッド・ウインゲートの父親。アウトローで強盗や殺人など、あらゆる悪事を働いている人物。その首には多額の懸賞金がかけられている。長年アウトローとして... 関連ページ:ハート・ウインゲート

渡 イサム

漢字表記は「勇」。日本人の父とインディアンの母を持つが、産まれてまもなく母親を亡くしている。赤ん坊の頃に父渡勝之進と生き別れになり、荒くれ者の集まるロッテン・キャンプに拾わる。幸いにもそこでは可愛がら... 関連ページ:渡 イサム

登場作品

荒野の少年イサム

西部開拓時代のアメリカを舞台に、日本人の血を引く少年渡イサムの活躍を描いた日本発の西部劇。原作・山川惣治。 関連ページ:荒野の少年イサム

SHARE
EC
Amazon
logo