レナーテ・フォン・アーレンスマイヤ

レナーテ・フォン・アーレンスマイヤ

オルフェウスの窓(漫画)の登場人物。ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤとは親族関係にある。

登場作品
オルフェウスの窓(漫画)
正式名称
レナーテ・フォン・アーレンスマイヤ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤの母親。名門貴族アーレンスマイヤ家の当主アルフレート・アーレンスマイヤの愛人となり、ユリウスを身ごもる。その妊娠中、「オルフェウスの窓」でヘルマン・ヴィルクリヒと出会い、宿命的な恋に落ちるが、お腹の子供のことを思い身を引いた。

しかしその後遊びに飽きたアルフレートに捨てられてしまい、15年間母子二人で生活してきた。アーレンスマイヤ家の莫大な財産をわが子に相続させることを目論み、ユリウスを男として育てる。アルフレートの正妻が亡くなり、アルフレートも病気で寝たきりの生活が続くようになった頃、名乗りを上げ、ついに後妻に収まる。

財産のためこうした陰謀をめぐらしたものの、金銭目当てというよりも、陰謀そのものを心の支えにしていた様子。ユリウスが女性であることを知っているもぐりの医者ゲルハルト・ヤーンに、それを種に強請られている。

関連人物・キャラクター

ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ

名門貴族アーレンスマイヤ家の跡継ぎ。しかしその正体は、愛人であった母レナーテ・フォン・アーレンスマイヤに財産相続のため男装させられ、男として育てられた少女だった。秘密を共有する母を守るため、豪胆な振る... 関連ページ:ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ

登場作品

オルフェウスの窓

20世紀初頭、ドイツの聖ゼバスチアン教会附属音楽学校で出会ったユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ、イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイト、クラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミットたち三... 関連ページ:オルフェウスの窓

SHARE
EC
Amazon
logo