レナード・エドモンテス

レナード・エドモンテス

白ゆりの騎士(漫画)の登場人物。

登場作品
白ゆりの騎士(漫画)
正式名称
レナード・エドモンテス
ふりがな
れなーどえどもんてす
関連商品
Amazon 楽天

概要

フランス国王軍の騎士と称しているが、イギリス軍のスパイ。その正体は、イギリス王家の血をひく名門ステンプルドン家の長男ウィリアム・ジョージ・ステンプルドン。シャルル王太子の側近の騎士。黒いよろいを身につけていることから「黒の騎士」と呼ばれる。イギリスにとって最大の敵となりフランスを救う救世主と噂される「白の騎士」を、探し出して殺すことを使命と考えている。

フランス軍で活躍する女騎士ジャンヌを愛するようになるが、彼女が「白の騎士」と知って苦悩する。

登場作品

白ゆりの騎士

15世紀、ジャンヌ・ド・アルクはフランスの片田舎ドンレミ村の地主の娘として生まれた。祖国フランスが危機に陥っていることに心を痛めており、イギリス軍からフランスを救うようにとの神の啓示を受け、村を発つ。... 関連ページ:白ゆりの騎士

SHARE
EC
Amazon
logo