レフ・ダヴィドビッチ・ブロンシュティン

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
レフ・ダヴィドビッチ・ブロンシュティン
フリガナ
レフダヴィドビッチブロンシュティン

総合スレッド

レフ・ダヴィドビッチ・ブロンシュティン(虹色のトロツキー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

上海に住む亡命ユダヤ人。虹口のブロードウェイ・ロードでトロツキーの偽物の役を演じる芸人。トロツキーの演説を客の前で再現する。外見は、幼い日のウムボルトの記憶に残るトロツキーの姿そのものであった。青幇と組んで阿片の密売をしていた為、川島芳子が率いる安国軍に踏み込まれ、川島芳子 の手により殺される。

手段を問わず金を稼ぎ、その金で惨めな同胞を助けていた。船会社の倉庫を私費で買い取って難民の宿泊所、孤児院、幼稚園、学校、収容所を作り、施設の子供たちも彼にとてもなついていた。

登場作品

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ...