レフ・フョードル

レフ・フョードル

白いトロイカ(漫画)の登場人物。

登場作品
白いトロイカ(漫画)
正式名称
レフ・フョードル
ふりがな
れふふょーどる
関連商品
Amazon 楽天

概要

口髭を蓄えた公爵。皇帝に農奴たちへの圧政を改めるように具申したが、農奴の蜂起を準備したことが発覚して追われる身となった。妻のアンナ・フョードルは王立歌劇場の舞台にたったことのある高名な歌姫。一家で辺境のザルトウ村まで逃げたところで観念し、幼いロザリンダ・フョードルをバジョーフ夫妻に預けた。

このときアンナがロザリンダ首飾りを遺した。さらに逃亡を続けようとしたが兵士に見つかり、その場で射殺された。1783年のクリスマスの夜のことだった。

登場作品

白いトロイカ

貴族の娘であったロザリンダは、父がロシア皇帝に叛旗を翻そうとした際、難を逃れるため、辺境のザルトウ村の百姓であるバジョーフ夫妻に託される。彼女は、夫婦のもとでロタと呼ばれ愛されて育ったが、音楽と出会い... 関連ページ:白いトロイカ

SHARE
EC
Amazon
logo