ロイ・マスタング

鋼の錬金術師(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鋼の錬金術師(テレビアニメ)
正式名称
ロイ・マスタング
ふりがな
ろいますたんぐ

総合スレッド

ロイ・マスタング(鋼の錬金術師)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

アメストリス軍中央司令部に所属する軍人であり、「焔」の二つ名を持つ国家錬金術師。階級は大佐、後に准将へ昇格。強い摩擦により火花を発する特殊な布「発火布」で作られた手袋を火種とし、錬金術で酸素濃度を調節することで対象物を自在に燃やすことができる。

その圧倒的な戦闘力からイシュヴァール殲滅戦では獅子奮迅の活躍を見せ、「イシュヴァールの英雄」とまで称された。一方で、その戦中にバスク・グラン准将の命令によってウィンリィ・ロックベルの両親を射殺したことが強いトラウマとなっており、未だ拳銃を発泡することが出来ない。

並々ならぬ野心家であり、大総統の地位を虎視眈々と狙い続けている。

登場人物・キャラクター

『鋼の錬金術師』のヒロイン。金髪をポニーテールに結わえた、碧眼の少女。リゼンブールで機械鎧の整備士をしており、幼馴染であるエドワード・エルリックの機械鎧の製作・整備を担当している。両親は医者であったが...

関連キーワード

アメストリス軍

登場作品

舞台は、錬金術が科学として発達した世界にある軍事国家アメストリス。エドワード・エルリックと弟のアルフォンス・エルリックは、亡くなった母を想うあまり、死者を蘇らせるという錬金術の最大の禁忌「人体錬成」を...