ロゴス司令官

ブルーシティー(漫画)の登場人物。読みは「ろごすしれいかん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブルーシティー(漫画)
正式名称
ロゴス司令官
ふりがな
ろごすしれいかん

総合スレッド

ロゴス司令官(ブルーシティー)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ブルーシティーの司令官。冷酷で体の半分は機械で出来ているのではと噂されてもいるが、実は人類愛に溢れた責任感の厚い男性。かっては東ドイツの研究所で科学者をしていたこともある。同僚のドクター・ジェノサイドのせいで両足を切断するはめに陥った。

登場人物・キャラクター

謎の病原体は隕石のせいではなく、実はこのドクター・ジェノサイドの計画したことだった。ロゴス司令官と共に東ドイツの研究所で人工エラの開発研究していたこともある、マッドサイエンティスト。

関連キーワード

『ブルーシティー』に登場する海底都市。大規模な人類の海底移住の可能性を検証するべく太平洋マーシャル諸島の南、深度200メートルの海底に建築された海底の実験都市。2万人の科学者が住み研究開発をしている。

登場作品

大規模な人類の海底移住計画で実験都市ブルーシティーが建設された。そんな時、地球を巨大な隕石群が襲い、これに付着した病原体の蔓延によって地上の生物はすべて死滅してしまう。かろうじて生き残ったのは、ブルー...