ロゼット=クリストファ

ロゼット=クリストファ

クロノクルセイド(漫画)の主人公。別称、ロゼット。

登場作品
クロノクルセイド(漫画)
正式名称
ロゼット=クリストファ
別称
ロゼット
関連商品
Amazon 楽天

概要

マグダラ修道会に所属する金髪のお転婆シスター。相棒のクロノ共に行動し、16歳ながら悪魔や悪霊と渡り合う戦闘技術を持つが、性格は勝気で生粋のトラブルメーカーとなっている。彼女が戦闘を行う度、悪魔以上の被害をもたらす事もしばしばあるため、クロノや上司にとっては頭痛の種となっている。4年前悪魔にさらわれた弟ヨシュア=クリストファの存在を追っており、彼を助けるため命を縮めるのを承知しながらクロノと契約を交わしている。そのため30歳まで生きられないと自覚しつつも、全力で人生を駆け抜ける覚悟をしている。所持している懐中時計はクロノとの契約を制御するためのもので、懐中時計の機構を解放する事でクロノの封印を解除する事が可能。ユアン=レミントンは親代わりであると同時に悪魔祓いとしての師匠であるため、あこがれの感情を抱いている。武器は対悪魔用の弾丸を装填した二丁拳銃をメインに戦う。福音弾による一撃は悪魔に致命傷を与える威力がある。また最終決戦ではレミントンから最新装備である「四聖文字砲(テトラグラマトン)」を受け取り、さらに高い火力を手にした。

関連キーワード

マグダラ修道会

悪魔や化け物など、さまざまな超自然現象による被害を防ぐための組織。本部はニューヨークに存在し、各地に支部を作りアメリカ全土の超自然現象と日夜戦っている。組織の発端は宗教改革の時代の魔女狩りに起因するた... 関連ページ:マグダラ修道会

福音弾

マグダラ修道会の悪魔祓いが使用する対悪魔用の弾丸。錬金術で精製した希少銀に極小単位の呪文を転写した魔法の弾丸で、当たれば強力な力を持つ悪霊も一撃で葬り去る威力を誇る。炸薬の代わりに聖油を用いる「聖火弾... 関連ページ:福音弾

登場作品

クロノクルセイド

近代アメリカを舞台としたマグダラ修道会と悪霊や悪魔たちとの戦いを描いた森山大輔の漫画デビュー作。序盤のスチームパンク風世界観から、地球存亡にかかわるサイバーパンクな悪魔同士の戦いへと発展していく。 関連ページ:クロノクルセイド

SHARE
EC
Amazon
logo