ロバス島

ロバス島

コスモス楽園記(漫画)に登場する架空の島。

登場作品
コスモス楽園記(漫画)
正式名称
ロバス島
関連商品
Amazon 楽天

概要

フジタゴウスケが細胞研究をしていた南太平洋に浮かぶ島で、かつて核実験と植物細胞実験が行われていた。人が寄り付かなくなった現在は無人島になっている。しかし実験場跡のクレーターには日本語を喋り、人間のように暮らす猫たちの町があり、そこに足を踏み入れてしまうと町の規則で帰れなくなってしまう。

島中の植物や生物は独自に進化していて、巨大なカブトムシや牛肉の味がする植物など不思議なもので溢れている。

登場作品

コスモス楽園記

南太平洋にあるロバス島を訪れた藤田光介と、その島で暮らしている人間のように喋る猫たちの不思議な生活を描いた漫画。 関連ページ:コスモス楽園記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
コスモス楽園記
logo