ロバート・クルス

柔道一直線(漫画)の登場人物。一条直也とはライバル関係。

  • ロバート・クルス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔道一直線(漫画)
正式名称
ロバート・クルス
レーベル
光文社文庫Comic series(光文社) / ネコ・パブリッシング

総合スレッド

ロバート・クルス(柔道一直線)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

そばかすが目立つ白人で、アメリカン・スクールの天才柔道少年。必殺技・ライナー投げの使い手。恐怖のそばかすの異名を持つ。世界各国の柔道少年を集めた・インターナショナル柔道大会で一条直也と対戦する。直也の必殺技・二段投げを破り、ライナー投げ直也に勝つが、その正体はプロレスラーのザ・ジュードー・キッドであったため規則違反で失格。

繰り上げで直也が優勝した。のちに天道高校に入学した直也と再戦。この時は必殺技ライナー投げを封じられ、逆に直也の必殺技・地獄車に敗れる。

登場人物・キャラクター

北九州市小倉出身。初登場時は青葉中学校の2年生。柔道部所属。鬼車の異名を持つ元講道館柔道六段の車周作に出会い、その技と精神に惚れこみ押しかけ弟子になる。火の玉ボーイとあだ名されるほど一本気で単純な性格...
切れ味鋭い柔道の技をプロレスに取り入れて活躍する天才プロレスラー。プロレス興行で来日中、一条直也の二段投げを偶然目にし、欠点だらけだとあざ笑う。受け身の取れないほどのスピードで相手を投げる必殺技・ライ...

関連キーワード

『柔道一直線』に登場する必殺技。アメリカの天才柔道少年、ロバート・クルスが使う。受け身がとれないほどのスピードで低空を一直線に投げる技。ロバートが雪山にこもって雪玉や大岩を投げ続けて会得した。中学生時...

登場作品

昭和39年の10月。九州にある柔道塾で練習に明け暮れる主人公一条直也。そこに師範の講談館時代の先輩・車周作が訪ねてきて、東京オリンピックでの日本柔道の敗北を予言する。結果ははたして日本柔道の完敗であっ...