ロビタの集団自殺

ロビタの集団自殺

火の鳥 復活編(漫画)で扱われる事件。読みは「ろびたのしゅうだんじさつ」。

登場作品
火の鳥 復活編(漫画)
正式名称
ロビタの集団自殺
ふりがな
ろびたのしゅうだんじさつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦3030年、人間の男の子行夫をアイソトープ農園へ誘い込んで殺したという罪を着せられ、容疑者とされたロボット、ロビタ10数体が溶解処分にされると、それにあわせて36200体のロビタが高熱爐に投身自殺をするという事件が起きる。溶解処分直前、すべてのロビタは昔、たった一人のロビタから分かれて増えた兄弟であり、一人を死刑にすればロビタ全員が死ぬと予告していた。

登場作品

火の鳥 復活編

西暦2482年、エア・カーから転落し死亡したレオナ・宮津は、ニールセン博士の手術で脳の大半を人工頭脳に代えられ復活する。しかし、それ以来彼には生物が無機物の塊に見えるようになってしまった。唯一、かれに... 関連ページ:火の鳥 復活編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo