ロビン

シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~(漫画)の登場人物。別称、フランソワ・ドゥ・ロベスピエール。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~(漫画)
正式名称
ロビン
ふりがな
ろびん
別称
フランソワ・ドゥ・ロベスピエール

総合スレッド

ロビン(シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

デオン・ド・ボーモンの少年従士。忠誠心はあるが口が悪く、デオンへの物言いは敬意こそあるが容赦ない侮蔑が含まれている。リア・ド・ボーモンの生前は彼女に仕え、王の機密局(ル・スクレ・デュ・ロワ)との連絡員をしていた。ガーゴイルを加工して作った「詩人」殺しの銃弾でシュバリエ・スフィンクスの戦いを援護する。

元の名は「フランソワ・ドゥ・ロベスピエール」だったが、リアから「ロビン」という名を与えられて以降は、それ以外の名を名乗るつもりはない。

登場作品

18世紀のフランス、ルイ15世の治世。「詩人」と呼ばれる謎の能力を持った勢力により、人々が次々に殺されるという事件が起きていた。魔物と化し乙女の血を収集する「詩人」の前に、シュバリエ・スフィンクスと名...