ローアン大司教

ベルサイユのばら(漫画)の登場人物。読みは「ろーあんだいしきょう」。

  • ローアン大司教
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルサイユのばら(漫画)
正式名称
ローアン大司教
ふりがな
ろーあんだいしきょう

総合スレッド

ローアン大司教(ベルサイユのばら)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

フランス最高の地位にある僧侶。オーストリア駐在大使の経歴があり、あまりにも女遊びが派手でマリア・テレジアマリー・アントワネットに嫌われていた。アントワネットに恋心を抱いていたためジャンヌ・バロアに付け込まれ財産を搾取され続ける。ジャンヌからアントワネットの購入するダイヤの首飾りの保証人になって欲しいと騙され、首飾り事件で濡れ衣を着せられるが無罪の判決を言い渡された。

歴史上の実在人物ルイ=ルネ=エドゥアール・ド・ロアン=ゲメネーがモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

フランス国王ルイ16世の王妃。オーストリアの女帝マリア・テレジアの第9子として生まれ、14歳でフランスへ嫁ぎ、2男1女をもうけた。美しく人を引きつける魅力を持つ。オスカルを信頼し、良き親友のような信頼...

登場作品

作品誕生のいきさつ『ベルサイユのばら』を描くきっかけとなったのは、作者・池田理代子が、高校時代にオーストリア人作家シュテファン・ツヴァイクの書いた評伝『マリー・アントワネット』を読んだことにある。この...