ローザ・ランプ

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。別称、リンダ・ウェーバー。アセチレン・ランプとは親族関係にある。

  • ローザ・ランプ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
ローザ・ランプ
別称
リンダ・ウェーバー

総合スレッド

ローザ・ランプ(アドルフに告ぐ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

峠勲が残したメモ「R・W」が示す名前だといってリンダ・ウェーバーと名乗り、兄の峠草平に近づく、峠勲の元恋人でアセチレン・ランプの娘。協力するふりをしてその動きを探る。BDM(ドイツ女子青年団)団員。峠勲を密告したのが自分だと峠草平に告白し、投身自殺。

登場人物・キャラクター

峠草平の弟。ドイツ留学中、共産主義の学生活動家のメンバーとなっていたが、暗殺される。アドルフ・ヒットラーが失脚するほどの資料を持っていたらしいこと、荒らされた部屋、「RW」と書いたメモ、死体の指先につ...
ゲシュタポ情報部極東主任。峠草平が弟の峠勲から何か秘密をつかんだかを探りだそうと拷問する。娘を自殺に追い込んだ峠草平と秘密文書を追って来日。峠草平を尾行し、秘密文書を手に入れるため、無人島で仁川警部を...
『アドルフに告ぐ』の主人公の一人。協合通信記者。1936年(昭和11年)、ベルリンオリンピックに派遣される。Q大陸上部で学生選抜陸上大会出場経験を持つスポーツマン。オリンピック取材中に弟の峠勲を暗殺さ...

登場作品

ベルリンオリンピックに記者として派遣された峠草平は、ドイツ留学中の弟を何者かに殺され、その存在の証拠すら消されてしまったことに不審を抱く。探るうち、弟がナチスの秘密をつかんでいたことを知る。帰国した彼...