ワリシー・カバルスキー

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
ワリシー・カバルスキー
ふりがな
わりしーかばるすきー

総合スレッド

ワリシー・カバルスキー(虹色のトロツキー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

ハルビンに拠点を置くユダヤ人民会評議員。ユダヤ人。ハルビンで保護された亡命ロシア人のミリューコフに会うためにハルビン領事館にやって来た辻政信と面会する。在ソの同胞・ユダヤ人の立場を複雑にすることから、石原莞爾と辻政信が画策するトロツキー計画を迷惑に思う。

更にはミリューコフとウムボルトの父の関係を知っており、そのことをウムボルトに知られることを恐れて 、ウムボルト殺害をユダヤ人民会評議員でソ連と繋がりがあるベラロッテに任せる。

登場作品

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ...