ヴァムピール

ヴァムピール

ヴァムピール(漫画)の登場人物。

登場作品
ヴァムピール(漫画)
正式名称
ヴァムピール
フリガナ
ヴァムピール
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ヴァムピール』に登場する化け物の名前。彼らは血ではなく、人間の負の気オド(生命流動体)を喰らう。生気を吸い取られることから、古来の人は彼らを吸血鬼と呼んだ。普段は形を持たない霊体。死人に入り込み同化することで、人間の姿を保ち、オドを吸う。入りこまれた死人は外見は年をとらず、記憶や意識はあるが、澱という毒がたまっていずれは朽ち果てる。

ヴァムピールにとって肉体は洋服のようなもので、朽ち果てれば他の肉体を探す。ちなみにヴァムピールは肉体がなくても、イメージすることで人間の姿を現し、会話することが可能。ヴァムピールにもステージがあり、レベルの高い同化、完全同化を繰り返すと魔女、魔人と呼ばれ、さらにステージが上がると魔女王、魔王と呼ばれるようになる。

自分の手で人間を殺して肉体を手に入れるのはヴァムピールにとって恥ずかしい行為。

登場作品

ヴァムピール

ヴァムピールは人の負の気を喰らう化け物。その昔、吸血鬼と呼ばれていた。ヴァムピールが一旦体内に入ったことで特殊な能力を持った半死人、水沫伶と、すでに死んでいるものの、ヴァムピールと肉体を共有することで... 関連ページ:ヴァムピール

SHARE
EC
Amazon
logo