ヴィクトル・ヒルシャー

ヴィクトル・ヒルシャー

GUNSLINGER GIRL(漫画)の登場人物。別称、ヒルシャー。

登場作品
GUNSLINGER GIRL(漫画)
正式名称
ヴィクトル・ヒルシャー
フリガナ
ヴィクトルヒルシャー
別称
ヒルシャー
関連商品
Amazon 楽天

概要

トリエラの担当官。本名はヴィクトル・ハルトマン。元欧州刑事警察機構(ユーロポール)所属、児童虐待取締班所属の警官。マリオ・ボッシから情報を得た、アムステルダムのスナッフ・フィルムの現場に潜入。監察医ラシェル・ベローと共に少女の救命措置を行い、マリオ・ボッシとイタリアで治療させるために少女を搬送する。

彼女を素体として「社会福祉公社」が義体にしてしまったことに怒り狂い、機密事項を知ったとして処刑されることになる。そこでジャンが、偽りの身分を準備。ヒルシャーと名前を変えて、トリエラの担当官となるべく社会福祉公社の一員となった。

非常に真面目な性格で、義体条件付けの強化に強く反対。そのためトリエラ条件付けが極めて軽くなっている。彼女を戦いの道具としては見ておらず、少しでもトリエラが長生きできるよう立ち回っているため、もっと自分を戦わせるべきだとトリエラからは叱責されることもある。それでも彼女をなにより大事にするヒルシャーに、トリエラは次第に好意を持つようになっていく。

後に、彼女たちの未来をつなぐために、密かに採取していたトリエラの卵子を、ロベルタ・グエルフィに渡す。

登場作品

GUNSLINGER GIRL

舞台はテロの横行するイタリア。政府機関「社会福祉公社」は、死に瀕した少女を改造・洗脳し、優秀な殺し屋としてテロリストと戦わせていた。「義体」と呼ばれるサイボーグに生まれ変わった少女たちの苦悩と戦いを描... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

アニメ

GUNSLINGER GIRL

国内に様々な対立構造や問題を抱えるイタリア政府は、「社会福祉公社」なる障害者支援法人を立ち上げる。その実態は身体障害の少女たちの体を改造、「条件付け」とよばれる洗脳を施し、暗殺者として行動させる超法規... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

SHARE
EC
Amazon
logo