ヴィロンスキー伯爵夫人

アンナ・カレーニナ(漫画)の登場人物。読みは「ヴィロンスキーハクシャクフジン」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アンナ・カレーニナ(漫画)
正式名称
ヴィロンスキー伯爵夫人
フリガナ
ヴィロンスキーハクシャクフジン

総合スレッド

ヴィロンスキー伯爵夫人(アンナ・カレーニナ)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

アリョーシャ・ヴィロンスキーの母。アンナ・カレーニナの兄スティーヴァ・オヴロンスキーが起こした不倫騒動を収めるため、モスクワに向かうアンナと汽車内で道連れとなり、アンナヴィロンスキーが直接知り合うきっかけを作った。アンナを気に入り、はじめはアンナヴィロンスキーとの恋に寛容な姿勢をみせていたが、二人が真剣に交際をはじめると、ヴィロンスキーの出世の妨げになると不快感を示した。

ヴィロンスキーとソローキン公爵令嬢とを出会わせ、アンナを「息子の情婦」と呼ぶなどして二人を別れさせようとした。

登場作品

19世紀ロシアの貴族社会。美しい良妻賢母の人妻、アンナ・カレーニナは兄の浮気問題を解決するためモスクワへ赴き、偶然、青年将校アリョーシャ・ヴィロンスキーに出会う。ヴィロンスキーの情熱に心を動かされ、禁...